膣をコントロールできますか?


 

友香子1.jpg

明日のルーティンセッションは
内臓メンテナンス!

 

6月は『腹ポヨ撃退』と名をうって
ウエストメイクをお伝えしました。

 

次の段階は、『膣』

女性は生理が上がったあと
ここからがとても大切なんです。

 

生理が有る時は、定期的に
骨盤が開く期間があったり

ホルモンバランスが活発になる事が
自然に出来るのですが

 

生理が無くなると
骨盤が整理の時ほど開く事が
無くなりますね。

人体は1日のうちでも
骨盤の開閉がなされています。

 

朝にかけて骨盤が閉じていき
腰に自然な反りが生まれ

 

本来、仰向け寝がつらくなり
起きたくなります。

自律神経(交感神経)も目覚め、
活動したくなります。

 

夕方から骨盤が開いていき
交感神経(副交感神経)も
休憩モードに入ります。

骨盤が開きゆったりした気持ちになり
仰向けでも寝やすくなる。

 

本来は1日でも骨盤の開閉は起きているんです。

 

ところが、
私たちは股関節が固かったり

 

太ももの前や、後ろが固かったり!

骨盤の開閉が日常から
正常に行われていない可能性が有ります。

膣.jpg

 

6月は、腹横筋に特化した
お腹Makeでしたが、

7月は、『膣』の引き上げに
集中します!!

明日行うのは、フランスでは、産前から

妊婦に指導するものです。

特に驚くのが、その運動は
産後直後から行っていい運動です。

 

ならば、何でもない日常から
出来るようになれば、

 

いつも内臓が正常な位置にあり
姿勢も良くなり

血色もアップして
体温も上昇!

いいこと尽くし!

 

生理が無くなった身体との
向き合う方法としても

 

生理がある今からでも
意識を向けるべき所ですよね。

 

明日の6時半から
シンメトリールーティンセッションで
一緒にチャレンジしましょうね!

 

ルーティンセッションお申込みは
↓↓↓↓↓

https://symmetry-bijin.com/onlinelessonlp/?yukako

お申込みの際に
※山口友香子の紹介。と備考欄に
入力下さい。

0601.jpg

では、明日の朝!